ペットを飼うには正しい知識が不可欠!トラブルを避けるためのポイント

2017年11月25日

ペット飼育で生じるトラブルの原因について

ペットは飼い主にとっては可愛らしい家族の一員ですが、第三者からは小動物の一種に過ぎません。飼い主は何も感じない体臭や鳴き声も他人には不快に感じてしまうため、ペットの飼育は近隣トラブルの原因になってしまいます。特に集合住宅ではペットを飼うことで部屋に特有の臭気がこびり付いてしまうことから家主との間にも大きなトラブルが発生する可能性があります。また、ペットの排泄物による周囲の汚損も不快感を与えてしまう原因の一つなので、飼育の際は周囲の環境を踏まえて品種を選び、適切な躾を施すのが飼い主に求められる社会的なマナーです。住宅密集地や集合住宅ではペットの飼育そのものが禁止されていることもあるので、トラブルを避けるためには事前の確認が必要になります。

周囲に迷惑をかけないペット飼育の方法

日本では犬や猫などの小動物がペットとして飼育されることが多いため、ペットショップでは専用のグッズが多数販売されています。中には悪臭の予防やペットをリラックスさせるグッズもあるので、上手に使うことで周囲に迷惑をかけずに飼育することが可能です。

ペット飼育の近隣トラブルは悪臭と鳴き声が多数を閉めます。ペットを不潔な状態で放置することで特有の悪臭が発生するので、定期的に体を洗って汚れを落とすのが飼い主の務めです。また、飼育場所で糞尿を排出したまま放置するのも悪臭を放つ原因なので、こまめに掃除を行うように心がけます。ペットの排泄物は地域のゴミ出しルールに沿って廃棄する他、細菌の繁殖を防ぐのも快適に飼育するための工夫です。ペットの多くはストレスを感じると頻繁に鳴くようになるので、おもちゃを与えたり散歩を行ってリラックスさせる必要があります。

東京都は、ペットショップ店舗数が全国1位(約600件)。子犬や子猫、小鳥など、様々な種類の動物がそろっているので選択の幅が広がります。ペットショップなら東京都がおすすめです。