大切に使いたい機械式時計!メンテナンスの基本を紹介!

2017年10月4日

オーバーホールで機械式時計を長持ちさせよう

機械式時計には自分で行う日々のメンテナンスとプロに依頼して行うメンテナンスの両方が必要です。プロが行うメンテナンスはオーバーホールと呼ばれる分解掃除で、ケースやベルトなど時計全てを分解し、内部に侵入した異物を取り除く作業や、潤滑油の交換などが行われます。また、機械式時計が壊れてしまわないように劣化した部品を交換する作業も行われるため、定期的に行っておけば寿命を長く保てる大切なメンテナンスです。オーバーホールには一定のコストがかかるため、一見問題なく動いていると避けたくなる人もいるでしょうが、ケース内部で部品は経年劣化しています。定期的に行っておけば深刻なトラブルが発生した時に幾つもの部品を交換したり、修理したりするのを避けられるため、結果的にコストパフォーマンスが良くなると言えるでしょう。

日常ケアを行って大切に使おう

機械式時計は自分でもメンテナンスできます。例えば、日々着用していると、皮脂や汗などでどうしても汚れてしまいますが、使用後は時計全体を柔かな布等で丁寧に拭き掃除しておくと清潔です。革製のストラップは専用のクレンジング剤を使用すると良いですが、皮膚に触れる面は使用を避けてください。また、海水に触れた場合は水洗いをしましょう。ステンレス製でも塩分が残った場合は錆付きます。防水機能がある機械式時計なら水洗いできますが、お湯を使用すると潤滑油が漏れ出すトラブルになりかねないので注意が必要です。機械式時計は頻繁に使用すると精度が安定するため、日常的に使用すること自体がケアになります。長期間放置するのは避け、数日間使用せずに静止している場合は、着用しない場合でもリューズでゼンマイを巻き上げましょう。

ダミアーニはイタリア発祥の世界的な高級ジュエリーブランドです。イタリアのブランドにはよくあるように同族経営で現在も創業者の子孫がCEOを務めているのが特徴で、世界中のセレブ達に愛用されています。