機械式時計はメンテナンスのやり方次第で長持ちします

2017年10月4日

常日頃の手入れは利用することです

機械式時計に関しては、ゼンマイが解けるパワーを動力という形で作動させるので、手動巻きであれば常日頃から一定回数、竜頭を巻くことが不可欠です。自動巻きに関しましては、日常的に身に着け、毎日の生活で腕振りを実行することが必須になります。ちょっとした動作によりまして、内部に在る振り子が揺らいで自動巻きの機能を果たすわけですから、大事にしまっておくのみではむしろ寿命を縮めてしまう可能性があります。機械式時計は、常日頃から動かすことが大切となります。

周期的なオーバーホールは必要です

クオーツ時計とは違い、ゼンマイに因る振り子振動自体が内側で反復しているので、潤滑油の劣悪化と動作する事による摩耗片が内側で蓄積されます。オーバーホールが入用になることは、段階的に進行する摩耗に因る金属片自体が潤滑油に混入することで摩擦抵抗を加えて、時計の進行具合が遅れてしまうからです。オイルが悪化するまでの期間は、数年と考えられているので、その結果オーバーホールサイクルとして3年前後が勧められています。

高級機械式時計は有能な時計職人が必須です

機械式時計に関しては、電池を利用せずに多種多様な機能を持たせていて、高級機械式時計であるほど内側の精密部品の数が増大して内部構造に関しても複雑になると言えます。オーソドックスな機械式時計と比べてハイレベルな技術で製作されている高級機械式時計のオーバーホール並びに修理の為には、有能な時計職人を確保しておく必要があります。時計職人については、キャリアと腕に差が出てしまうことが多い業種のため、高級品の機械式時計になるとほんのわずかな時計職人だけが扱うことができるほど精密に作成されているわけです。

オーデマピゲはスイスの高級時計メーカーです。創業は1875年と長い歴史を持っており、世界三大時計ブランドの一つに数えられます。