お店に行かなくてもメガネは買える!電話注文やネット注文も可能な時代

2017年10月3日

度数情報があれば適切なレンズは作れる

一般的な度数情報というものがあれば、メガネは電話注文やネット注文で作ってもらうことができます。必要な情報はそう多くないので、自分の度数情報は把握しておくといいでしょう。一度メガネ屋さんや眼科に行って視力検査をしてもらえば、正しい度数情報が手に入ります。その情報があれば、後はそれを電話でオペレーターに伝えればいいだけです。ネットなら、入力をして送信してしまえばそれで終了です。ただそれだけで、完璧に自分に合ったレンズでメガネを作ってもらえるので最高です。

度数情報は案外少ない要素でできている

度数情報というと何か難しそうな感じがしますよね。ですが、要素はそう多くありません。必要な情報は五つほどしかありませんから、記憶をすることも可能でしょう。SPH球面度数とCYL円柱度数、AXIS乱視軸などが分かれば、後は瞳孔距離が判明すれば正しいメガネは作ることができます。これらを把握しておくだけで、もうお店に行ってメガネを作ってもらう必要はなくなります。自宅にいながらにして、メガネを買うことができるわけです。

数年に一度は視力検査をし直すことが大事

視力は、数年経てばまた変化する可能性が高いものです。ですから、一度度数情報を取得したからといって安心してはいけません。最低でも数年に一回は、視力検査をやり直してもらうといいでしょう。細かく度数情報の変更があるかもしれないからです。完璧に自分にフィットするメガネを装着しなければ、頭痛の原因になることも考えられます。適度なタイミングで正しい情報に更新し、メガネも買い替えるのが理想です。

メガネの通販では、デザイン性や機能性の異なる様々なタイプが揃っているため、自分好みの商品を見つけられます。